読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 44日目

放射線やけど
みんなに言われる。
「軽く済んでますねー。」
「ひどいヒトは、ビラビラに皮剥けてますよ。」
個体差が大きいらしい。
「やっぱニンジンジュースか!」
痛みもまったくない。
っつか、痒い。
夜中に痒くて、つい掻いちゃう。
それで皮剥けてる。
「日焼け程度って事かな?」

もう1つ気がついた。
クビの周りって、元々感覚がなかった。
リンパ郭清で切り刻んだから、神経がズタズタ。
触っても感覚ゼロだった。
「んなモン、痛い訳がにゃあで!」
ただ、突っ張り感だけはある。
クビ全体がコルセット状態。
これに、菅ちゃんが連動。
一緒になって、きゅーっと絞まるような…。
「これが一番の問題だで!」
f:id:maosuke1225:20160715205211j:plain
〈そら〉
・バクチ
何となく退院が見えてきた。
その後の段取りを考えたくなる。
「ちょっとゆっくりしたいなー…。」
散々、ゆっくりしてんじゃ!
ちゃう!
治療がひと段落しての、ゆっくり!
味覚も、唾液も元に戻って。
摂食治療もなし。
闘いを離れて、ゆっくり…。
「温泉でも行きてー。」

嫁さんから素早い反応。
「温泉、取れるよー!」
へ?
じゃ、とりあえず予約しよーか。
一泊二食。
「テニスも出来るよー!」
へ?
走れるだか?
「よっしゃ!やるベーじゃ!」

ま、退院は出来るべ。
あと、回復の具合がどーか?
せっかくの懐石料理。
味覚と、唾液が回復してなかったら悲惨。
「そん時は、手つけずに帰るべ。」
トラウマにしたくない。
病院のメシと同じになっちゃう。
「大バクチだで!」