読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【海陽亭】のこと

 大阪出張の時のこん。
新規開拓。
最近、出来た店らしい。
大阪事業所の責任者も気になってたそうな。

【海陽亭】
http://kaiyoutei.hp.gogo.jp/pc/

地下に潜ってく。

「何だべ?元はチェーン居酒屋か何かだったんかな・・・?」

 なかなかいきゃあ店だった。
いきなし、ドーンとイケスがあった。

「こや、新鮮なサカナが喰えそうだで・・・」

基本は半個室。
小上がりが並んでる風情。
メニューがちぃっと変わってた。
馴染みのにゃあモンが並んでる。
 姉ちゃんに訊いてみた。

「何だか、珍しい料理が多いけんど、ここんちのオススメは何だね?」

姉ちゃんが嬉しそうに答えた。
何でも鳥取でやってる店なんだそうな。
大阪に進出して来た。
ウリは地のサカナ。
やっぱお造り系がオススメだとか・・・。

「んじゃ、是非この『活イカ姿造り』をもらうべーじゃっ!」

姉ちゃん悲しそうな顔。

「申し訳ございません・・・。本日、入荷がございませんで・・・」

残念だなー・・・。

 楽屋裏はいろいろある。
しょんにゃあ・・・。

「んじゃ、お造りにもイカは入ゃーらにゃあだかね・・・?」

それは入ゃーってると言う。
う〜〜む。
難しい・・・。
珍しいメニューがいっぴゃあ。
「モサエビ」、「ノドグロ」、「オコゼ」・・・。
「アゴのちくわ」、「トウフのちくわ」・・・。
「砂丘ラッキョウ」、「砂丘長イモ」なんてんもあった。

「ちぃっと恐いもの見たさで、全部頼みたくなんなー・・・」

 絶品があった!
〆のラーメン。
鳥取素ラーメン」。
これがめっちゃ美味ゃあっ!
ヒデキ感激っ!
ホントのシンプルラーメン。
勝負はダシ!
サカナ系のダシが勝ってる。

「こりゃあ、めっちゃ好みだでっ!こいだけでも来た甲斐があったで!」

 後日談もある。
大阪事業所の責任者。
やっぱ、「活イカ」が心残りだった。
その後も2回ほど行ったそうな。
でも、毎回反応が同じ。

「申し訳ございません・・・。本日、入荷がございませんで・・・」

結局、いまだに誰も喰ったこんがにゃあ。
それってオトリ広告っつーだでっ!

【幻の活イカ姿造り】

っとして神格化されつつある。

「こや、物珍しさで【☆2つ半】はイケるべなー」

いつの日か・・・。

「活イカ姿造り」次第じゃ【☆3つ】だって夢じゃにゃあでっ!
怒んにゃあから、いっぺん出してみれっ!」