読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【よし澤】のこと

・ダッシュ
 早いもんだで。
もう3ヶ月も経っちゃった。
久々に【一二岐】行って、情報を得た。
少なからず、ショックも受けた。
「いっぺん、大将んとこに行ってみべえ!」
調べてみた。
夜のコースはランクアップ。
「ちょっと試しにって値段じゃにゃあで。」
その代わり、昼の懐石があった。
ミニ懐石が、5,000円から。
「それ、いいじゃん!」

 やっと、チャンス到来。
嫁さんは午前中歯医者。
自分は会議。
「じゃ、12:30現地集合で行くべー。」
ギリギリだった。
最後は、店までダッシュ。
「ひと汗かいちまったで‥‥。」
階段を降りるとこは【一二岐】と同じ。
【よし澤】も上品な造りの店だった。
コンセプトは共通か‥‥?
「いやあ~~、久しぶり。」
大将、元気そうだった。

・ミニ懐石
 まずはビールを一杯。
ワインリストを見せてもらう。
「ワインもランクアップしたねー。」
みんな、ちょっとしたモンだった。
その代わり、美味いっ!
「昼間っから、こんなワイン飲んで、罰当たりだで。」

 料理が出始めた。
前菜、三品。
「うわーっ、キレイだねーっ!」
センスとしか言いようがない。
芸術と言っても、いいんじゃない?
当店の定番は、鰆の藁焼き。
「これも又、美味いねー。」
でも、目の前で藁は燃やさない。
「残念やねー。あの煙いのも味だったんだけど‥‥。」
ま、賛否両論かも‥‥。

 問題の、御椀。
「やっぱ、違うで。これだよー!」
鮪節、鯖節の絶妙な組み合わせ。
すんごい精度というか、純度というか‥‥。
声が出ちゃう。
「うわーっ!美味いなー、こりゃ‥‥。」
全部、美味しかった。
土鍋ご飯も健在。
赤だしも、香の物も文句なし。
別腹の本わらび餅も相変わらず美味かった。
「このミニ懐石は、お値打ちだで!もちろん、☆3つ!」