読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ退治 13日目

耳鼻咽喉科診察
今日の担当は、Dr.M山。
「ふんふん、傷口はキレイですね。もう飲み込み試験が出来ますね。」
最近、良く耳にする。
飲み込み試験。
試し喰いと違うんかい?
みんな、朗報っぽく言う。
でも、違うヒトもいる。
「いよいよ、飲み込み試験ですね。心配じゃないですか?」
え?
そんな、心配なもんなの?

ほとんどのヒトは、良かったですねってな雰囲気。
もうすぐ退院ですね、と言う。

へ?
ここにも、ギャップがある。
全然ゴールが近いと思ってにゃあ。
早く、モノ喰えるようになんなきゃ!
少しでも太らなきゃ!
体力つけなきゃ!
リハビリも、ガンガンやんなきゃ!
そして…。
「次の、高く険しい山に挑まなきゃ!」

f:id:maosuke1225:20160424173954j:plain
〈そら〉

・さよなら
先週末、別れがあった。
まずは、精神科チーム。
いつもの2人セットで来室。
「如何ですか?眠れますか?」
多分、先輩と後輩。
脇でちょこちょこアドバイスしてる。
「不安がありましたら、遠慮なく言って下さい。薬も出せますから…。」
気持ちは有難いけど…。

当初は、沙汰が辛かった。
それこそ、眠れなかった。
けど、少しずつ良くなってる。
って伝えたら、ちょっと寂しそうだった。
「不安とか、わーって叫びたくなるとか言う事はないですか?」
にゃあ!
「そうですか…。では、又何かありましたら、お声をかけて下さい。」
自然消滅的な…。

もう1つ、口腔外科チーム。
例の、スケーリングしてくれた歯科衛生士さん。
一度、ケア指導に来室。
病棟看護師さんも、一緒に受講。
マジメにケアした。
週末、チェックに来室。
「何も言う事はありません。素晴らしいです。」
その後…。
「もうすぐ退院ですね。もう2度とお会いする事もないかも知れませんが、お元気で。さようなら!」
爽やかだー。
嬉しいような、寂しいような…。

・保険金
申請書提出。
三大疾病なんちゃらってヤツ。
三大疾病で死ぬと、保険金が出る。
以外に、診断が出ると保険金が出る。
ま、治療費に充てろって事なんだべ。
「一度、診断書貰って下さい。」
H子さんのアドバイス。
これも、手続きに時間がかかるらしい。
「貰えるモノは、少しでも早く貰った方がいいです。」
確かに…。

ちょっと考えた。
このオペと入院の支払い。
「安くはにゃあべな…。」
部屋代だけで、約65万円。
工事代金は、想像がつかにゃあ。
「きっと、安いクルマくらい買えそうだよなー。」
ま、それが保険金でカバー出来る。
そりゃ、そーなんだけど…。

ちょっと計算してみた。
今回の癌スケで、貰える金額。
今まで掛けた保険料の合計。
「何だ、とんとんじゃんか…。」
ま、保険ってそんなもん。
医療保険も、ほとんどチャラ。
今なら、年金保険もチャラ。
死亡保険なんか、自分が貰えにゃあ!
「保険なんか、ちゃんと目的を持ってないと意味ないで。」