読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ襲来

・結婚記念日
長~~い1日だった。
そして、濃い~い1日だった。
3月14日。
結婚記念日だで。
ホワイトデーでもある。
「そっちの方が、後だったような気がする…。」
せっかくの記念日。
美術館でも観て、旨いもんでも喰うか。
ってんで、予約してあった。

それが、ドタバタに。
えりゃあ、結婚記念日になった。
午前中、H塚市民病院へ。
内視鏡検査を指示されてた。
とんでもにゃあ!
「何が嫌いって、あ~たっ!」
30年ほど前に、1度受けた事があった。
死ぬかと思った。
その時は、豪語してた。
「あんな辛い思いするなら、死んだ方がましだ!」

Dr.Y山に頼んだ。
鼻からの内視鏡で、出来ないか?
「ありますけど、何か見つかれば、もう1度口からやる事になりますよ。」
へ、そーなの?
次の手は、ペンタジン。
最近は、どこでも使ってくれるらしい。
検査室で、スタッフに頼んだ。
「今日は、付き添いの方はいますか?」
いや…。
「当院は、付き添いがないと使えません。」
えーっ!
そんな…。
ぐえ~~っ!ぐえ~~っ!
七転八倒…。

・襲来
 疲労困憊。
這うようにして、耳鼻咽喉科外来へ。
Dr.Y山が待ってた。
厳しい表情‥‥。
「先週の生検の結果が出ました。やはり、悪いモノでした。」
え?
やっぱ、癌スケ?
「そうです。」
「ちっきしょーっ!来やがったなーっ!」

 「治療法は3つあります。手術と、放射線と、抗がん剤ですが、お勧めは手術です。但し、ここではマンパワーが足りませんので、もっと大きな病院を紹介します。」
呆然と聞いてる。
言うべき言葉が出てこない。
「手術は、ノドの悪い部分をごっそり取ってしまいますので、腸管の一部を切り取って移植し、食道の代わりにします。失声します。気管はノドに穴を開けて確保します。」
はあ~~っ?
何じゃ、そりゃあっ!

 茫然自失。
まるで、現実感がにゃあ。
「すごいですね‥‥。」
ヒトゴトかい?
「まあ、今ここで決めろとは言いません。後日、ご家族と一緒に詳しく説明します。」
それまでに、良く勉強しろ。
良く考えろ。
ってな事らしい。
説明は、3月18日に決まった。

f:id:maosuke1225:20160314172637j:plain
ダ・ヴィンチ展〉

ダ・ヴィンチ
 江戸東京博物館で開催中。
この前、テレビでも放映された。
この特別内覧会チケットが、手に入った。
展示は、結構地味。
未公開の手稿とか、素描とか‥‥。
何せ、ダ・ヴィンチの作品って少ない。
根っから、飽きっぽいヒトだったらしい。
「天才って、そーかも‥‥。」

 日伊国交樹立150周年記念。
72作品を一挙公開。
ファンには堪らないべな。
でも、ダ・ヴィンチ自身の作品は8点。
後は全部弟子とか、身内とか‥‥。
所蔵も大半が1ヶ所。
ヴィンチ村の、「レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館」。
はは~ん‥‥。
理想博物館が、改修工事に入った。
「工事する時は、日本に貸し出せ!」
世界の常識だって‥‥。

 とっても、混んでた。
加えて、昨今の質の劣化。
とても美術鑑賞って雰囲気じゃない。
ヒトを押しのけて、前に行く輩。
観てる作品の前に、ずかずか入ってくる輩。
作品にかぶり付きで、離れない輩。
「字が読めるんかい?」
ま、いっか。
気分的にも、芸術に没頭出来ないし‥‥。
早々に引き揚げ。

・【星が岡】
 お久しぶりっ。
結婚記念日ディナーはここ。
楽しみにしてた。
るんるん🎵だった。
つい最近までは…。
そうそう世の中、いい事ばっかじゃない。
月にむら雲、花に風。
今日は、感慨深いディナーになった。
しばらく、喰えにゃあ。
下手したら、2度と喰えにゃあ…。

f:id:maosuke1225:20160314182449j:plain
f:id:maosuke1225:20160314185059j:plain
いつもの通り、客は多くない。
我々の近所に、ちょっと浮世離れした一団。
「どー見ても、カタギじゃにゃあな…。」
大声で、ガハガハやってる。
店のスタッフもちやほやしてる。
「見事な腰巾着ぶりだで…。」
ま、関係ない。
我々は、オーダーだけちゃんと届けてくれれば…。

f:id:maosuke1225:20160314190241j:plain
ま、とりあえずビール。
手を挙げたら、腰巾着が飛んで来た。
ビールの間に、ワインを選ぶか…。
ワインが、大して載ってない。
食事メニューの最後にチョロチョロ。
チリとか、カリフォルニアとか…。
腰巾着に訊いてみた。
「もっと他にワインないの?」
ないと言う。
「マジかよ…。この店で、このワインはにゃあで。」

・サプライズ
しょうがない。
ビールで通す事にした。
前菜、登場。
美的にとってもキレイ。
見た目だけじゃにゃあ。
味の繊細さは、他に比類がない。
「やっぱ、旨いなー。中華の域を超えてるで。」
量もちょうどいい。
もう、がっつり喰うトシじゃにゃあ。
「あー、幸せだー!」

f:id:maosuke1225:20160314195841j:plain
f:id:maosuke1225:20160314201144j:plain
フカヒレスープ、エビチリ、牛肉、棒々鶏、青菜炒…。
上品で、繊細で…。
どれも、これも旨いっ!
「これぞ、【星ヶ岡】の味やね。」
そして、〆の焼きそば。
デザートの杏仁豆腐も絶品だった。
「いやー、満足した。」
惜しむらくは、ワイン。
美味しいワインがあったら、完璧だつたのに…。

ここでサプライズ
ケーキ登場。
ここんちのペストリーブティック謹製。
「結婚記念日、おめでとうございまーすっ!」
おーっ!
そんな事するんだー。
腰巾着が、写真まで撮ってくれた。
嬉しいっ!
いい思い出になった。

f:id:maosuke1225:20160314202352j:plain
帰りがけ、ひと言。
「とっても美味しかった。もうちょっとワインを揃えてくれたら、もっと良かった。」
黒服が、えっ?ってな顔。
「お申しつけ下されば、ワインリストがございます。上のバーから取り寄せます。」
リストを見せてもらった。
すんごい種類だった。
「何だよ、教育不足だなー。」
ま、次回来る時の楽しみだー!
f:id:maosuke1225:20160314205801j:plain
キャピトル東急アレンジ〉