読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆グランパル公園のこと

・イルミネーション
何かで情報入手。
すごい規模のイルミネーションがある。
伊豆高原の辺りらしい。
早速、検索。
なかなかのもんらしい。
アトラクションもある。
光の中を走り抜ける、みたいな…。
「行ってみっか?」
f:id:maosuke1225:20160501064853j:plain
次男坊夫婦が乗り気に。
「じゃ、近くのエクシブを取るよ。」
ってな訳で、両親と6人で出発。
実家から1時間程で到着。
「何だ、こんなに近いの?」
どーでもいいけど、めちゃ寒い。
しかも、風も強い。
今年は、暖冬だねーっとか言ってたのに。
一転、今日はどーした事か?
「何だっつーんだ!」
f:id:maosuke1225:20160501064928j:plain
白暮の時間から入場。
したはいいけど、めちゃ寒い!
マスクして、フード被って完全防備。
でも、寒い!
さっぽろ雪まつりだって、もっと暖かいで。」
震えながら、観て回った。
確かに規模がでかい。
公園そのものが、かなり広い。
「こりゃ、東京ミッドタウンの比じゃないで!」

・甘酒
アトラクションは中止だった。
強風のため…。
「ま、中止じゃなくても乗らないけどね…。」
寒過ぎる。
見事なイルミネーションだった。
とにかく広い。
寒いから、尚更広い。
f:id:maosuke1225:20160501064959j:plain
両親は結構堪えてた。
どこかでちょっと休みたいけど…。
途中に休憩所もあった。
でかいストーブが置いてあった。
けど、屋外。
「全然、効果にゃあで。」
更に先に進む。
八甲田山の心境だで。」
f:id:maosuke1225:20160501065044j:plain
丘の上にカフェ小屋が見えた。
「やったぜ!ここでビバークだっ!」
駆け込んだ。
ストーブにへばりつく。
「何か、温かいもん飲もう!」
ばばが、甘酒が飲みたいと言う。
オーダーすると、兄ちゃん、
「あー、今切らしてまして…。」
っとか言ってる。
f:id:maosuke1225:20160501065606j:plain
「そーかね…。」
ばばが残念そう。
「わかりました。すぐに取って来ますので、ちょっとお待ち下さい。」
兄ちゃん、脱兎のごとく。
ゆっくりでいいよ。
我々、暖まれるから…。
でも、有難い兄ちゃんだった。
心身ともに、暖まった。

・【エクシブ 伊豆】
寒かったー。
早く温泉に入りたい。
目的の宿は、すぐ近くだった。
相変わらずセレブっぽい造りだった。
のは、メインロビーだけ。
部屋は別棟だった。
しかも、外廊下。
「こりゃ、温泉に行ったら湯冷めしそう。」

完全防備で温泉へ。
「何でこんなに寒い造り何だ!」
でも、考えてみれば当然。
基本、ここはリゾートホテル。
こんなにバカみたいな寒さは想定してにゃあ。
「っだよなー…。」
それでも温泉は温まった。
又、完全防備で部屋に戻った。
「さ、メシだメシだっ!」

メインダイニングへ。
みんな、ほとんど雪まつりスタイル。
「早く酒飲んで、暖まるべーっ!」
ワインを…。
何だかパッとしない。
「ワインリストはないの?」
バーにあると言う。
ま、有りがちなパターン。
「ちょっと、いいワイン飲みたいんだけど…。」
転がるように、取りに行った。
f:id:maosuke1225:20160501065710j:plain
・会席料理
言っちゃった手前、奮発。
さすがに美味しい。
あとは、これに見合う料理に期待。
まず、旬菜。
季節の味覚盛り合わせ。
お、器で勝負か?
お椀替りは、桜海老と雲丹の玉地蒸し。
若布、三つ葉の香りがいい。
全体に味は、伊豆っぽい。
f:id:maosuke1225:20160501070016j:plain
f:id:maosuke1225:20160501070051j:plain
お造り、鮪、蛸、尾長鯛、むつ。
「ここで、刺身が不味かったら死刑だべ。」
温物は、豚角煮。
栗麩、いんげん、白髪葱添え。
「そー来たか…。」
油物は、かます利休揚げ、あじ磯辺揚げ、ズッキーニ、カレー塩で頂く。
ブタと揚げ物は、好評だった。
「元々がっつり系だからなー…。」
和食に付き合ってくれてるんだろーなー。
f:id:maosuke1225:20160501070645j:plain
f:id:maosuke1225:20160501070127j:plain
台の物は、うまずらはぎ小鍋仕立て。
白菜、葱、水菜入り。
出汁は、しっかり濃い~い。
お食事は、えびしそちりめん御飯。
香の物、留め椀も。
水菓子は、
いやー、結構ボリュームあった。
寒くて、腹一杯の1日だつたなー。