読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【撫庵】のこと

  • ご招待

 仕事絡みの席。
しかも招待される側。
それも強請られた宴席・・・。
相手の気持ちが手に取るようにわかっちまあ。
職務上、同席せざるを得にゃあ・・・。

「ひゃあ、一番嬉ぴくにゃあパターンだで・・・」

身についた性。
上座に座るとケツがムズムズ・・・。
どーも落ち着かにゃあ。

「何せ、営業生活が長かったかんなー・・・」

早く開放されてゃあ・・・。
 案内された店は初耳だった。

【撫庵】
http://www.buan.jp/

情報も極めて少にゃあ。
詳しいこんがでんでんわかんにゃあ。
どーも接待専用らしい。
会員制の倶楽部みてゃあな・・・。

「ひゃあ、ますます居住みゃあ悪りぃなー・・・」

 案の定、貸切に近きゃあ。
スタッフが寄ってたかって攻めて来る。
元姉ちゃんがゾロゾロ・・・。

「よーこそ!よーこそ!具志堅よーこそっ!」

違あか・・・。
年齢はまちまちらしい。

「こちらは『若葉』です。私は『枯れ葉』だけどねー。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ・・・」

とか何とか・・・。

  • 和食

 まずはビール。

「銘柄はどうしましょう?」

懐かしい雰囲気だで・・・。
ビンが出て来た。
あの、台座に乗ったヤツ。
当然、グラスは小っちぇえ。
ひと口で飲み終わっちまあ・・・。
すかさず元姉ちゃんが注いでくれる。

「いやあ〜、懐かしいなー。どこぞの温泉旅館以来かも・・・」

 料理は正統派和食だった。
ま、美味かった。
外してにゃあ。
食材も申し分にゃあ。
若干、東京味だけんどまあ許容範囲内。
こりゃあ、あり。
びっくりする事ぁにゃあけんど・・・。
終盤で料理長が登場。

「本日の仕入れをご案内します。お好みで調理致します」

桶に10種くりゃあのサカナが乗ってた。
これはなかなか・・・。
 焼き、煮つけ、タタキ・・・。
1人ずつ違った調理法を頼む。
ってこんは、そんだけ時間がかかる。
シメの蕎麦を喰って3時間。
最後の甘味が終わったら延々3時間半。

「ひゃあ、長ぎゃあ〜〜っ!こりゃ拷問に近きゃあで・・・」

料理は悪くにゃあ。

「違う場面で、2時間で、禁煙で喰わしてくれたら【☆2つ半】かな・・・」