読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続々・東京MUSEUM・ANNEXのこと

  • トピック4

 「台東区」も負けてにゃあっ!
「上野公園」に立派な資料館をこさえた。
下町風俗資料館」。
何っちゃにゃあ。
不忍池」のネキにある。
売店とか、トイレとかの並び。
ボヤボヤしてんと見逃しちまあ。
ま、そーいた狙いか・・・。

「ほとんど、観光土産物店みてゃあなノリだで・・・」

 でも、立派な区立資料館。
会館時間は9:30〜16:30。
公務員時間。
きっちり月曜は休館。

「いーなー・・・」

時代は大正〜昭和初期。
当時の下町の街並みが再現されてる。
ちゃぶ台、長火鉢・・・。
桐の箪笥、柱時計、姫鏡・・・。

「ひゃあ、何だか懐かしく感じる自分が恐えなー・・・」

 2階には「玩具コーナー」があった。
この頃の玩具って言やあ・・・。
ケン玉、竹とんぼ、お手玉・・・。
コマ、メンコ、おはじき・・・。
事由に手にとって観るこんが出来る。

「『台東区』、太っ腹じゃんか・・・」

2階は特別展もやってた。

関東大震災と復興の時代」

あんまし好んで観たくはにゃあ。
特にメシ前にゃあ・・・。
そりゃあ、地獄図だで・・・。

  • トピック5

 復興と言えば・・・。
強烈な印象が残ってる。
横網町公園」。
こかあ、びっくらした。
場所は「両国」。

「最初見た時ゃあ、場所柄『ヨコヅナ』って読んぢまったで・・・」

後から「ヨコアミ」って気づいた。
 この公園は一風変わってた。
何となく、雰囲気が違あ。
2つのできゃあ施設があった。
東京都慰霊堂」と、「復興記念館」。
慰霊・・・?
関東大震災」と、「東京大空襲」・・・。
震災と、戦災の慰霊だった。
何十万の霊が眠る。

「そりゃあ、雰囲気が違あ訳だで・・・」

 レガシーじゃにゃあ。
「慰霊堂」で毎年慰霊祭が行われる。
復興記念館」は膨大な資料を展示。
これ又、直視に耐えにゃあ。
ここんちゃ都営。
9:00〜17:00できっちり。
16:30に行った。
ぜってゃあ入れにゃあと言う。

「ここは、じっくり時間をかけて観て頂きたいんですっ!」

決して早く仕舞ゃあてゃあ訳じゃにゃあ・・・。

「仰るとおり、もう一度来るんで下見だけさしてくいよー!」

官は、なかなかてゃあへんだで・・・。