読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 51日目

・帰国
朝イチ、Dr.E本来室。
「あれ、いつ戻られたんですか?」
夕べ夜中に到着したとか。
大変だで。
担当医からメールが来たそうな。
「退院はどうしますか?」
今の点滴が終わったら、もうOK。
明日は退院出来ると言う。
やれやれ…。

退院後の注意点は?
「ふつーでいいですよ。特に無いです。」
ただ、白血球は後から下がる事もある。
「急に熱発したら、すぐに来て下さい。」
そりゃそーだ。
温泉とかは?
「OKです。但し、肩までは禁止です。」
そりゃそーだ。
アルコールは?
「う~~ん!それはもうちょっと落ち着いてからにしましょう!」
ダメか…。
f:id:maosuke1225:20160723052244j:plain
〈そら〉
・謝意
ホントは、菓子折でも届けたい。
でも、禁止されてる。
それに、この規模じゃ訳わかんない。
個別にお礼を言うっきゃ無い。
まず、Dr.E本。
夕方、又来室したので謝意を伝えた。
「お世話になりました。引続き宜しくお願いします。」
看護師さんたちにも、個別にお礼を言う。
「そー言って頂けると嬉しいです。」

多くの方に見舞いも頂いた。
ご足労も頂いた。
親族もずいぶん気ぃ遣ってくれた。
「くそ忙しいのに、申し訳なかったで。」
快気祝いもちゃんとやりたい。
礼状も書きたい。
鉄は熱いうちに打て!
「退院したら、すぐにやるべ!」

何より、嫁さんにゃあ感謝。
青天の霹靂だったべ。
突然の看護生活。
単身生活から、一転。
メシの心配、着替えの心配。
慣れないクルマも乗らなきゃなんない。
「頭上がんにゃあで。」
出来る事は全てやった!
この後はリハビリ。
一日でも早く、日常を取り戻さないと!
「ちょっとでも恩返し出来れば…。」