読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 49日目

スペシウム光線
朝イチでお呼びが…。
今日がラス前。
7週間以上の長期に亘った。
「長っげーよなーっ!」
基本的には通院治療。
ヒトによるけど、痛くも痒くもない。
でも、それはやけどだけの話。
「やけどは対処できるべや!」
問題は、口腔内の副作用!
味覚異常、唾液涸渇、腸管斂縮…。
「入院してて良かったー!」

おまけに、歯がおっ欠けた。
ちょっと、想定外だった。
自分の歯が欠けるなんて、夢にも思わなんだ。
今日は口腔外科診察があった。
体育会系もびっくり。
「あらーっ!」
治した方がいいわよね。
明日か明後日に医師のアポ取ってくれるそうな。
入院中で良かった。
退院後だと、又ひと騒動だで…。
f:id:maosuke1225:20160720201033j:plain
〈そら〉
・治験
ケモ、オーラスだで!
泣いても笑っても、最後。
これでプロトコールは完遂だべ。
せっかくの治験。
「データ集計には貢献したいべや!」
いろいろあった。
船酔い、糞づまり、白血球低下…。
でも、乗り越えて来た。
何とかドロップアウトしなかった。
「まずワンステップ、クリアだべ…。」

更に、データ集計に貢献したい。
この後、2年。
そして、5年。
結果、良好であったと言わせたい。
Dr.E本には言われた。
「出来る事はすべてやって、後は天に祈るしかないですね。」
ま、その通りだべ。

確率は五分五分。
正に当人にとっては、半々。
再発するか、しないか!
どっちかしかない!
「そんなの、何だって同じだべ。」
明日、元気かどうか?
来月、癌スケに襲われるかどうか?
来年、生きてるかどうか?
何だって五分五分。
「そんなこん、考えたってしゃあんめ!」
オーラスの点滴が終わった。
「出来りゃあ、今生の別れにしてゃあで!」