読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 42日目

耳鼻咽喉科診察
朝イチの採血。
「もう献血1回分くらい血ぃ抜いとるで…。」
担当のM木先生曰く。
「今朝の検査で白血球が1900でした。」
又、ちょっと下がった。
「でも、他は何も問題ありません。」
ノドも、クビもチェック。
「ちょっと赤いですが、大丈夫ですね。」

問題は、白血球だけ。
抗がん剤が投与出来るか?
「今日、E本先生と相談します。」
明日、そのままGO!か?
それとも延期か?
ホントは明日がオーラス。
明後日、1日様子を見て…。
「上手く行けば、土曜日に退院か!」
って思ってた。
「なかなかすんなりとは行かにゃあなー。」
f:id:maosuke1225:20160714055748j:plain
〈そら〉
・Dr.E本
夕方、来室。
結局、抗がん剤は延期になった。
「来週、検査値を見て決めましょう。」
ただ、月曜日は海の日
「何だ、三連休じゃんか!」
19日に血液検査。
っでOKなら、20日に抗がん剤投与。
もし、ダメなら抗がん剤は中止。
「この方針で行きます。」

スペシウム光線の最終日は21日。
これがタイムライン。
ここまでに投与出来なきゃ、アウト。
「あくまで抗がん剤はオカズですから…。」
そーなの?
ま、確かにもう240mg/㎡は投与した。
この病院の標準量はクリア。
「でも、気持ち悪りいなー。」

更にタイミングが悪い。
Dr.E本が来週海外出張だとか。
「遊びじゃないんですけど、済みません…。」
怪しい…。
「ちゃんと段取りはしておきますから…。」
ま、チーム医療だから当然。
週末がヒマになった。
「外泊してもいいですよ。」
感染症だけ気をつけて…。
「っしゃあ~~っ!リハビリするか!」