読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 25日目

・外出
気分転換する事にした。
Dr.E本のオススメに従った。
「今週か、来週の方がいいと思いますよ。」
ちょっとひっかかるなー。
けど、素直に従った。
「先の事なんか、わかんにゃあし。」
期日前投票をしておきたい。
あと、散髪もしたい。
爪も切りたい。
「結構、忙しそうだで。」

9:30。
嫁さん、到着。
一応「外出許可証」を携帯。
これを医師が発行しなきゃなんない。
「ちゃあんとしてんだ…。」
きっと、ゴマ粒みたいな字で書いてあんじゃね?
一切、自己責任です!
みたいな…。
許可証と、身障者手帳をポケットに。
あと、ユアトーン。
「これで全て用が足りるはず!」

まずは、期日前投票
市役所別館へ。
駐車場は、3ヵ所あった。
一番近いのが、身障者用と書いてある。
「チャレンジっ!」
全然ノーチェックだった。
っつか、身障者っぽい衆は見当たらない。
「おめーもそーだ!」
確かに…。
f:id:maosuke1225:20160627105207j:plain
〈そら〉
・そら
買い物してから、我が家へ。
ほぼ1ヶ月ぶり。
玄関を開けると、そら。
脱兎のごとく、吹っ飛んで来る。
すごい勢い。
「おーっ!久しぶりだなーっ!」
もみくちゃにしてくれる。
そら、狂喜乱舞。
飛んで跳ねて、舐めて噛んで…。
がうがう言ってる。
「相変わらず、愛いヤツよ!」

ユアトーンを使ってみた。
「ソラー、コッチオイデー。」
固まってる。
「何だ、こいつ?」
みたいな…。
何度か呼んだら動いた。
のそのそと近寄って来た。
警戒心いっぱい。
お愛想で、シッポもちょっと振って…。
「慣れるまで、時間かかりそうだで。」

忙しかった。
昼メシは、憧れのチーズグラタンと焼そば。
もちろん、サニーサイド目玉焼き載せ。
残念ながら、味は全部同じ。
口に入れた時に、かすかに香りがわかるくらい。
でも、完食。
「今しばらくの辛抱だで…。」
散髪もした。
爪も切った。
「あー、さっぱりした。」
帰りは、半額バス。
手帳を提示すると、運ちゃんが対応。
「慣れたもんだで。いかに多いかって事か…。」