読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 21日目

・脱毛
朝、ふと気がついた。
枕に短い毛がいっぱいついてる。
「げっ!」
じじーは目も悪い。
見えるのは、黒い毛だけ。
「って事は、この倍くらい抜けてるだか?」
ま、元々大した量じゃない。
「多分、誰も気づかにゃあら?」

遂に来たか…。
これで、聞いてた副作用は揃ったか?
船酔い、二日酔い状態、食欲消滅。
強烈糞詰まり。
唾液減少、口渇、むせ込み。
塩分中心に味覚異常。
そして、今回の脱毛。
「どーよ!」
食事にはかなり影響がある。
元々、香りが分かり難い。
「メシ喰うのに、どんだけ苦労するか…。」

でも、問診で訊かれる。
「目眩、耳鳴りはないですか?」
「手足のしびれはないですか?」
「下痢はないですか?」
ずいぶんメニュー揃えてんなー。
まだ、そんなにあるの?
何より、放射線やけどが辛いらしい。
皮膚がただれる。
「食事が難しくなるかも知れません。」
こぞって脅かす。
「今でも、十分難しいんだけど…。」
f:id:maosuke1225:20160623060415j:plain
〈病棟にて〉
・ユアトーン
突然、ノックが。
見知らぬヒトが立ってる。
「りんどうショップの者です。」
おー。
電気喉頭を注文した…。
「品物をお届けに参りました。」
へ?
1週間くらいって言ってたべや?
「ねぇ…。早く来たんです。」
まだ、代金用意してない。
「これ、郵便局でお願いします。」

早速、嫁さんに連絡。
現金を用意してちょ!
すると、意外な反応が…。
「ネットで振り込んじゃえば?」
へ?
アタマん中で繋がんない。
とりあえず、口座番号を伝えた。
後から解説。
ゆうちょ銀行も民営化で、他銀行と同じ。
要するに銀行振込。
メインバンクから振り込めば、手数料ゼロ。
「手間もお金も要らないのよ。」
思わず尊敬した。

便利な世の中になった。
スマホ1つあれば、生きて行ける。
あながち大袈裟でもない。
そんな気がする。
ここに居ると、中心メディアがテレビ。
ワイドショーのハシゴ。
んで、もうちょっと掘りたい時はスマホ
「確かに十分かも…。」
メディアの質として、大差ない。
今日は、参院選の公示日。
平和ボケ民の選択は見えてる気もするけど…。
期日前投票には行くべーじゃ!」