読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 20日目

夏至
一番日が長い日。
冬至の時と、5時間違うそうな。
ま、ここに居たらあんまし関係ない。
それでも、日が長いのは感じる。
この部屋は北向き。
ふつーなら、日は射さない。
ところが、今は朝陽と夕陽が窓から射し込む。
「おてんとさん、恐るべし!」

今日、恐ろしくお育ちの悪い知事が辞職。
夏至に合わせただか?」
下衆だから…。
やっぱ、赤貧は悲しい。
東大に入れるくらいの高い能力。
強靭な精神力。
何一つ活かされなかった。
「ま、当然だべなー…。」
全ての原点が、今に見てろ根性。
成功するに連れてエスカレートする。
「世の為、ヒトの為なんて微塵も思わにゃあら?」
f:id:maosuke1225:20160622074208j:plain
〈そら〉
・外出
夜、Dr.E本が来室。
手術着のまま。
一応、気遣ってくれてる。
今のところ、検査値も所見も順調。
このまま継続すると。
「気分転換に外出していいですよ。」
ま、それもいっか。
一応、7/10(日)を予定してる。
「う~ん、出来れば今週・来週がチャンスだと思いますよ。」
先に行くと怪しいそうな。
そんなにひどいの…?

嫁さんと相談。
今度の日曜に外出するべーか。
朝、クルマで迎えに来てもらう。
たっぷりクルマに充電して、期日前投票
あと、とこやま、爪切り。
貯まった雑務を消化。
昼メシだけ、シャバで喰う。
んで、バスで再入所。
「結構、忙しそうだで…。」