読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 11日目

障害者手帳
嫁さんがもらって来てくれた。
交付の説明会に行ってもらった。
まあ、いろいろ世話をかける。
「ホントは自分が行くつもりだったけんなー。」
そのつもりで急いで申請した。
オペの直後だった。
でも、もう追撃が始まっちゃった。
24時間点滴で、動けない。
「結局、全部嫁さん頼りだで…。」
交付に2ヵ月かかった。
でも、手帳に書いてある交付日は5月26日。
何で2週間も温めてんだべ?
「お役所の時間感覚だなー…。」

障害者手帳を手にした。
生まれて初めて。
「思ったより、ちゃっちいなー…。」
市の福祉課が、全面的にバックアップする!
そんな気合いが伝わって…。
「来にゃあなー…。」
障害者には各種補助がある。
でも、一律って訳じゃないらしい。
嫁さん、早速人工喉頭を打診してくれた。
電気式発声器だ。
市役所の窓口で問合せ。
「え~っと、ちょっと厳しいかも…。」
っとつれない返事。
「去年、市民税いっぱい払ってますから…。」
はあ~っ?

要するに、所得に応じて補助する。
って事らしい。
市民税いっぱい払ったヤツなんか無視。
「てめえで買いなっ!」
って事か…。
今年の所得がどーなのか?
関係ないらしい。
「釈然としにゃあなー…。」
今まで所得に応じて納税義務は全うしてたべ?
でも、福祉の世界は平等だべ?
去年の市民税が基準?
そんな画一的でいいの?
「今年からリタイアかも知れないべやっ!」
f:id:maosuke1225:20160611073235j:plain
〈人工喉頭
・モニター
病院内に、補装具のショップがある。
「りんどうショップ」。
何故、りんどうなのか…?
「知らにゃあよ、そんなこん…。」
マニアックなもんが揃ってる。
シャワーシールドもここで買った。
全体的に高価格。
「う~~ん…。」
って思う値段がついてる。
でも、超ニッチ。
大量生産するような商品じゃない。
んで、患者は感謝。
「しゃあんめなー。」

人工喉頭の相談に行ってみた。
幾つか種類がある。
値段は7~8万円。
「ビミョーな値段だよなー…。」
手続きについて教えてくれた。
「当店で見積書をお作りしますので、それで市役所に申請すればほとんど補助されます。」
嫁さんの話を伝えた。
補助対象外って言われた。
「え~~っ!信じられないですね…。」
「今まで聞いたことがないです。」
H塚市役所だけ、特別なのかなー…?

肝心な商品情報。
いろいろ資料をもらった。
4種類のパンフレットをゲット。
・マイボイス エクストラ(セコム)
・ユアトーンⅡ ゆらぎ(第一医科)
・ニユーボイスⅡ(泉工医科貿易)
・トゥルトーン(原田産業)
モニターも出来るそうな。
部屋に戻って、看護師さんに訊いてみた。
「モニターって幾つかあるの?」
2つあった。
マイボイスとユアトーン。
早速、デモ機を借りた。
「退院する時ゃ、買って帰るべ!」