読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 5日目

・ふんづまり
今日は朝からひと騒動。
いつも通り、5時に目が覚めた。
いつも通り、寝たままストレッチ。
基本は肩腕のストレッチ。
ついでなので、腹筋・腿も…。
腿を伸ばす頃に内臓が動き始める。
「よっしゃ!今日も快便っ!」
ってのが、いつものパターン。
なんだけど、ここに来てから違う。
「全然、もよおして来にゃあなー…。」

今日はちょっと違った。
見事にもよおして来た。
「お、昨日飲んだ緩下剤が効いたかな♪」
喜び勇んで、トイレに。
ところが、ここからが地獄だった。
何せ、便秘の経験がない。
勝手がわかんない。
ふつーに出るもんだと思ってた。
「あれっ?」
出ないっ!
途中で止まっちゃった!
「おいっ!冗談だろっ!」

気合いで押し出す。
それが出来ない。
いきめない。
下っ腹は、完全にもよおしてる。
圧力がかかる。
でも、岩盤が塞がってる。
「どーすりゃいいんだっ!」
看護師さんに助けを求めたい。
でも、身動き出来ない。
岩盤が、半分顔出したまま。
隙間から液状の染みだしもある。
「誰か、助けてくれ~~っ!」
f:id:maosuke1225:20160529203033j:plain
〈そら〉
・天使
糞闘すること、小一時間。
「もう、どーしょーもにゃあっ!」
覚悟を決めた。
トイレットペーパーでナプキンを作る。
多少、下着が汚れてもしゃあない。
この姿でとりあえずトイレを出た。
「筆談が出来なきゃ、何も伝えられにゃあで…。」
ホワイトボードに状況説明。
そこに、看護師さん来室。
K成さんだった。
すぐに異様な雰囲気を察してくれた。

自分はわかんない。
でも、きっと臭いもあったべなー。
K成さん曰く。
「今日は男性職員もいるので、ほじり出してもらいますか?」
すぐにお願いした。
待つこと30分。
その長いこと、長いこと…。
又、もよおして来た。
とりあえずトイレに。
「ダメだっ!状況は変わんにゃあっ!」
又々、ナプキン作ってトイレを出た。

そこに看護師の兄ちゃん。
「出ましたかぁ?」
クビを思いっきり横に振る。
「じゃ、掻き出しましょう。横になって下さい。」
情けないとか、言ってらんない。
「ちょっと痛いけど、我慢して下さい。」
指を突っ込んで、岩盤を粉砕。
「とりあえず蓋が取れました。もう1つありますが、奥なので又降りて来たらやりましょう。」
ふう~~っ…。

蓋が取れた。
後は、堰を切ったごとく。
もう1つの岩盤も勢い良く出てった。
「2度と現れるなっ!」
この解放感は、初体験。
「いやぁ、助かったあ~~っ。」
兄ちゃんが天使に見えた。
「よくもまぁ、次々と新たな沙汰を用意してくれるもんだで。」

・天使2
看護師さんは天使。
男だろうが、女だろうが、天使。
プラス、助手さんも天使。
見てると、両者に違いがあるらしい。
「多分、守備範囲だべな…。」
医療行為に差がありそう。
でも、助手さんはめちゃ有難い。
細かい身の回りの世話をしてくれる。
シーツや、カバーの交換。
ベッド回りの消毒。
アイスノンとかも頼む。
身体を拭くためのタオルも。
「ものすごいお世話だで…。」

今日は、朝イチでぐったり。
疲れ果てた。
気が抜けた状態で、採血。
続いて、ライト朝メシ。
カロリーは不安だけど、負担はラク。
何故か、放射線治療は朝イチだった。
耳鼻咽喉科診察も続いた。
「問題なく、治療継続出来ます。」
10:00までに、今日のduty完了。
途端に、眠くなった。
「正に、3食昼寝付きだで…。」

ふと、物音で目が覚めた。
助手さんが、ベッド回りを拭いてる。
「あ、ホットタオルお持ちしましょうか?」
この気遣いが嬉しい。
「背中は、お拭きしますよ。」
更に嬉しい。
「あー、気持ちいい。オキシトシンが出そうだで…。」
声は出ないけど、感謝感激。
「あと、タオル2枚ありますからお使い下さい。」
有難い。
朝からのドタバタを払拭。
思いっきりリフレッシュ出来た。
やっぱ、天使だで!