読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 初日

・フルコース
戦闘開始。
長~い第2ラウンドが始まった。
朝メシの後、点滴。
まずはたっぷり補液。
次に制吐剤。
続いてステロイド
そして、真打ち登場。
抗がん剤「シスプラチン」。
んで、利尿剤。
後は、ひたすら補液の連続。
「ホントに24時間点滴だで…。」

16:30頃、呼び出しがあった。
放射線科からの呼び出し。
外来患者は予約制だけど、入院患者はスキマで呼び出しが来る。
今日は繁盛してたらしい。
ほとんどオーラス。
「マーカーが消えかかってるんだけど…。」
必死で筆談。
「あー、大丈夫ですよー。」
「シェル」の位置の目安だとか。
拍子抜け…。

点滴したままなので、シャツが脱げない。
片袖と、首だけ抜いて対応。
初の放射線照射。
「シェル」の圧迫がきつい。
「この状態で、むせたら辛いべなー…。」
ってな不安が湧く。
でも、何とか事なきを得た。
正味10分もかからない。
正に痛くも痒くもない。
「とりあえず、謳い文句通りだで…。」
まずは、フルコース初日完了。
f:id:maosuke1225:20160602100349j:plain
〈点滴〉
・点滴ヅケ
久々に拘束された。
「こんなにうざいもんだったんだー!」
特にポンプがうざい。
しょっちゅうアラートが鳴る。
その度にナースコール。
それもうざいので、放ったらかした。
大概、誰か気づいて止めに来る。
「遠慮しないで、呼んで下さいね。」
遠慮っつか、横着…。

つくづく思った。
「夕べ、シャワー浴びといて良かったー。」
シャワーも、着替えも出来にゃあ。
これがずーっと続く。
「前もって教えといてくいよー!」
又、最初の入院の事を思い出す。
スープスパゲティ状態に、地獄の沙汰。
「あれも辛かったけどなー…。」
今回はスパゲティまではいかない。
でも、どんな沙汰が…?

夕方、Dr.E本が来室。
「ご気分は如何ですか?」
さすがに、まだ何ごともない。
特に変わりないと伝えた。
「そーですね。低用量ですからね。」
更に、
「でも、明日からいろいろ出てくるかも知れません。何でも言って下さいね。」
やっぱ、何かあるのか…。

・常食
とりあえず、普通の食事を頼んだ。
様子を見て変更可能。
ま、今日は何とかいつも通りクリア。
f:id:maosuke1225:20160602081758j:plain
〈朝メシ〉
ーーーーーーーーーーーー
1.御飯 200g
2.味噌汁
3.納豆
4.ひじき炒煮
5.胡瓜酢物
6.牛乳
ーーーーーーーーーーーー
ほぼ納豆定食、苦戦した。
f:id:maosuke1225:20160602122052j:plain
〈昼メシ〉
ーーーーーーーーーーーー
1.玄米ご飯 200g
2.サバムニエルカレー風味
3.大根と牛肉の煮物
4.南瓜サラダ
5.グレープフルーツ
ーーーーーーーーーーーー
相変わらず30分ペース。
f:id:maosuke1225:20160602183433j:plain
〈晩メシ〉
ーーーーーーーーーーーー
1.御飯 200g
2.豚カツ煮
3.焼茄子のつけ浸し
4.キャベツ香り漬
5.マンゴー
ーーーーーーーーーーーー
ご馳走、マンゴーまでついて…。