読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ追撃 前夜

・入院日
朝イチ、H塚事業所へ。
最後の片付け、連絡、挨拶。
パソコンのパスワードメンテ。
そして、弁当。
今日は弁当箱を使わず。
毎日ハイカロリー弁当を用意してもらった。
メニューで頭を悩ませた。
早起きして、朝メシと弁当の支度。
嫁さんには頭が上がんにゃあ。
「明日からやっと解放されるで…。」

弁当は、ひと仕事。
どーしても、管ちゃんはパニクる。
喰い始めると、きゅっと絞まる。
だましだまし、ゆっくり噛んで喰う。
管ちゃんをリラックスさせて飲み込む。
結構、空気も飲み込んじゃう。
「ぐびっ、ぐびっ、ぐるぐるっ…。」
音もうるさい。
事業所では、昼にラジオをつけさせてもらった。
FMヨコハマ
「Mr.ふじ~た~!」とか、
「ほ~ずみ~ん!」を聴いてる。
「事業所の衆も解放されるで。」

たっぷり30分以上かかって昼メシ。
終わったらバスでT海大病院へ向かう。
キャスターバックを転がして、バス停へ。
伊勢原駅で乗り換えて、病院へ。
「なかなかの作業だで…。」
病院到着後、入院センターへ。
「あ、直接病棟に行って下さい。」
今更、説明は不要でしょ、ってか…。
ま、そーだけど。
病棟窓口で手続き、部屋に案内された。
「何だ、前と同じ部屋じゃんか!」
ナースステーション砂かぶり。
「ま、いいような、悪いような…。」
f:id:maosuke1225:20160601181109j:plain
〈ただいま〉
・スケジュール
「あら、お久しぶりです。」
「又、よろしくお願いしますね。」
さすが顔馴染みばっか。
思やず「ただいま!」って言いたくなる。
担当チームも前回通り。
ドクターも、看護師さんも同じ。
「安心感はあるなー。」
最初の作業は「Y村チーフ」登場。
採血、検温、血圧、酸素…。
入院計画の説明と、同意サイン。
入院生活の始まりだで。

夕方、Dr.E本登場。
これからの細かい説明をしてくれた。
毎週、月曜・水曜に血液検査。
徹底的に副作用ケアするとの事。
木曜が抗がん剤投与日。
腎機能は特にチェックして、もし悪化したら投与中止もあり得るそうな。
「あくまでメインは放射線で、抗がん剤はオカズですから…。」
そーなんだ。
知らなかったで…。

今回は、薬剤師さんも来室。
薬剤の投与スケジュールと、副作用を細かく説明。
これはわかり易かった。
どーやら、明日から点滴ヅケ。
24時間点滴になりそう。
「しばらくシャワー浴びれにゃあじゃんか!」
早速、シャワー室へ。

久々の病棟食。
ーーーーーーーーーーーーー
1.御飯 200g
2.けんちん汁
3.アジ葱香味焼き 70
4.豆腐サラダ 117
5.アスパラの胡麻和え
ーーーーーーーーーーーーー
やっぱ、喰い難い。
柔らか目に炊いてもらった我が家のメシとは違う。
刻みオクラもない。
今更ながら、わが家は有難かった…。
f:id:maosuke1225:20160601183612j:plain
〈晩メシ〉