読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ退治 14日目

・ リハビリ
日課になった。
毎日11:20出勤。
自主トレ半分、ストレッチ・マッサージ半分。
整体師は限度がわかってる。
だから、限界まで伸ばせる。
これが気持ちいい。
自主トレでは、これが出来ない。
おっかなくて…。

通ってるうちに、だんだんわかってきた。
どこがダメージを受けているか?
どういう動きに障害があるか?
はっきりしてるのは、腕が横から上がらない。
真横までも上がらない。
結構、ショック。
障害も左右均等じゃない。
どうも右腕のダメージが大きい。
実際、右側のキズ・むくみの方が大きい。
「ちょっと気合い入れて、攻めるか…。」

自主トレメニューには、クビと肩がある。
クビは、前後左右屈伸、回転がある。
毎日10回くらいやってる。
やらないと、眠れない。
やる度にすごい音がする。
「みしみし、ごりごり、ばきばきっ!」
何だか、油から切れてる。
痛いところは、特に伸ばす。
「このまんま、固まってたまるかっ!」

肩腕は、更にハード。
夢を持ってる。
ランニングには、必須。
出来れば、ゴルフも、テニスも…。
もう少ししたら、筋トレもやろうかな。

昨日、体重測定があった。
何と60.6kg。
げっ!
今年の抱負の1つ。
それが、体重66kg台キープ。
ちょっと、イキ過ぎだべ。

f:id:maosuke1225:20160425181248j:plain
〈そら〉

・飲み込み試験
お呼びがかかった。
場所は、1階X線室。
ほっ。
「レントゲンで確認かあ…。」
M木先生と、T邑先生が待ってた。
造影剤を飲む。
それを透視で確認するってな趣向。
この造影剤が小っちぇえ。
ひと口で含んで、一気に飲んだ。

「はい、じゃ少しずつ…。あれ、全部飲んじゃった。」
ホンのちょっとずつ飲むモノらしい。
仕切り直し。
今度はちょっとずつ…。
っとは言っても、元が少ない。
しょうがないので、唾液を足して飲んだ。
「ふんふん、大丈夫ですね。問題ないです。」
合格らしい。

T邑先生曰く。
「今日はもう夕食に間に合わないので、経管栄養でお願いします。明日の朝から経口食にしましょう。」
水は…?
「あ、飲水は結構ですよ。自由に飲んで下さい。」
♪!

2週間ぶりの水だ!
早速、やってみた。
ん?
何だか、違和感がある。
あの、ノドを潤す感覚とちゃう。
「これが、かの有名な…。」
チューブが残ってるせいかな…?
ま、でもここまで来れば…。
あとは、訓練。
不安半分、期待半分。