読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ退治 10番日目

耳鼻咽喉科診察
順調らしい。
このペースだと、来週から試し喰いが出来そうだとか。
って言っても、まずは飲むとこからスタート。
いっぱい読んだブログ情報によると、大変みたい。
腸管は、蠕動運動が得意技。
喰い物が来ると反応する。
とっても喰うのが大変。
っと書いてある。

イマイチ、わからない。
蠕動運動は、喰い物を先に送るんじゃない?
腸から戻る動きってあるんか?
ま、いいや。
わからない事は、考えてもわからない。
目の前の事に、全力で取り組もう!
「今は、明日の事だけを考えよう!」

先生方の名前も徐々に判明。
Dr.T邑、M山、M木、そしてE本。
看護師さんたちも、だんだんわかって来た。
お姉さん看護師のY村さん。
最初に案内してくれたK山さん。
タイプの似てるK成さん。
お母さんタイプのU田さん。
お嬢様タイプのM浦さん。
イケメンハイトーンのM橋さん。
如何にも新人っぽいS藤さん。
コミュニケーションも問題ない。
ま、筆談だけど…。
み~~んなに感謝。
f:id:maosuke1225:20160420191242j:plain
〈ホワイトボード〉

・リハビリ
今日が2回め。
4階のリハビリテーションセンターへ。
今日は、ジャージとTシャツ。
昨日、ちょっと懲りた。
外来と一緒だった。
さすがにパジャマは気が引けた。
ま、いるけどね…。
車イスの方とか…。

メニューは昨日と同じ。
自主トレと、ストレッチ、マッサージ。
後半が問題。
支障があるので、マッサージする。
同じくストレッチに負荷をかける。
って事。
キーは、肩甲骨。
これが、何とも心地いい。
「やる気満々だで!」

昨晩も大活躍。
まだまだ寝姿が収まってにゃあ。
頭頸部のあちこちが強ばる。
要するに、クビが座ってにゃあ。
支えるはずの筋肉が、にゃあ。
残った皮が、癒えるに連れて固まる。
んで、複合型強ばりに。
寝返りが思うように出来にゃあ。
固まって、目が醒める。
どーするか?
「ストレッチするっきゃにゃあじゃ!」
夜中にストレッチ。
何て熱心なんでしよ!
今晩も同じかな?

・シャワー
遂にシャワーが使えた。
1週間以上のご無沙汰。
もちろん、簡単じゃない。
看護師さんも一緒に入って、監視。
水勢は、ちょっと弱め。
とりあえず、胸から下だけを洗う。
背中とかは、看護師さんが洗ってくれる。
クビから上が大変。
ちゃんとカバーして。
間違っても、気管孔に水が飛ばないように。

万一、気管孔に水が入ったら大変。
要するに溺れる。
上手く水が出せても、肺炎のリスクもある。
「とにかく、へくれないってこった!」
結構、気を使う。
あまり快適じゃない。
「でも、贅沢は言えにゃあ。」

ちょっと、ひと騒ぎあった。
腹の手術創のテープを剥がした。
それも、耳鼻咽喉科の先生。
当事者は、とことんやりっぱらしい。
ん?
その縫い目の端から血が出てる。
「やっぱし、へくってやがったで!」