読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ襲来

・PET

 ある面、運命の日。
今日はPET検査があった。
Positron Emission Tomography Computed Tomography.
正式名はPET/CT。
何しろデリケートな検査らしい。
前日から運動禁止。
当日もなるべく動くなって。
筋肉が検査の妨げになるらしい。

 最新の癌検査。
検査の1時間前にブドウ糖を注射。
このブドウ糖に放射性同意元素がラベルされてる。
FDGって言うそうな。
こいつが1時間かけて身体中に廻る。
そして癌細胞に集まって来る。
癌細胞は正常細胞の3倍ブドウ糖を喰う。
この特性を利用するんだとか。
「そりゃあ、癌患者が痩せる訳だ。」

 1時間、個室で安静に。
本も読んじゃダメ。
眼にFDGが集まっちゃうんだと。
もんもんと安静に。
ようやくインターホンで呼び出し。
検査に20分かかる。
器械は全くのCTに見える。
「高っかいんだよなー。この器械。」

 その後、また個室で安静に。
40分ほど待つ。
画像診断して、必要なら更に追加検査。
この間、トイレは自由。
但し、立ちション禁止。
FDGの飛沫が衣類に飛び散って、画像が台無しになる。
「ま、家庭でも同じじゃん。」

 でも、この40分はイヤだった。
じっとりとした40分。
安静ったって、そう眠れる訳がにゃあ。
いろんな事を考えちまう。
もし、遠隔転移があったら‥‥。
Dr.E本は、治療方針が根本的に変わるって言ってた。
オペは中止だそうな。
「それも嬉しいような、哀しいような‥‥。」

f:id:maosuke1225:20160410155110j:imageT海大病院
 
 40分経った。
じっと連絡を待つ。
ノーベル賞の電話を待つのに似てる。
んな訳ゃない。
全く嬉しくにゃあし。
どーなってんだー?
いい加減にはっきりしてくれ!

 「ブエ~~~~~っ」
インターホンが無神経に鳴った。
はい。
「お待たせしました。再検査はありません!」
どっ‥‥。
疲れたあ~~。

 この日は入院の打ち合わせもあった。
日程だけは決定。
4月8日入院。
4月12日オペ。
予定期間4週間とのこと。
「ま、正式には聞いてないけど、オペしてくれるべ。」
 
・身仕度
 っとなると、次は身仕度。
とっとと帰って、泊まりの仕度しなきゃ。
いつもの精算窓口。
「はい。24,750円になります。」
げっ!
さすが最新の検査。
検査料金も破格。
「銀座で美味しい和食が喰えるで‥‥。」

 外に出たら、どしゃ降り。
風も横なぐり。
傘なんか全く役に立たない。
「午後は止むって言ってたじゃんか!」

考えてみれば、ここに来る日はいつも雨。
不思議なくらい。
「はじまりはいつも雨って事‥‥。」

 人生初入院。
全く未経験。
先輩にいろいろご教示頂く。
先輩は、嫁さん。
アゴの骨を三枚に下ろした経験がある。
ツワモノだで。
これが、どや顔で面倒みてくれる。
「有難いこって。よろぴく!」