読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ襲来

・年度始め
4月1日。
年度替わり。
普通は、めちゃ忙しい。
今のうちに、出来るだけ片付けとかなくちゃ!
早く誰かに引き継いで、ゆっくりすべき!
気持ちはハーフ・ハーフ。
「そんな、可愛いもんじゃねーだろー!」

ま、いつも通り、埼玉事業所に出社。
いつも通り、始業一時間前。
早速、仕事に取りかかる。
4月1日。
人事通知を出さなきゃ。
新年度予算の示達もある。
前年度の業務報告もある。
何としても、午前中に片づける。
鬼のようにこなした。
「人間、明確な目標があると、頑張れる!」

明確な目標。
それは、【箱根甲子園】。
東急ハーヴェストの1つ。
元々、4月15日に予約してあった。
楽しみにしてた。
それが、オジャンになった。
予期せぬ癌スケ襲来で…。
「そんな理不尽な事があるかっ!」
予約を取り直した。
でも、ここしか空いてなかった。
仕方ない。
埼玉事業所から、箱根直行っ!

f:id:maosuke1225:20160402085144j:plain
〈甲子園〉
・【箱根甲子園】
18:00頃、箱根到着。
すっかり馴染みになった。
毎月1回は来てるんじゃないかな?
何っつっても、ここは温泉がいい。
広くて、キレイで。
サウナも、水風呂も完備。
露天風呂もある。
「温泉の要求を、全て満たしてるんじゃない?」

早速、ひとっ風呂。
「っあ~~っ!」
思わず声が出ちゃう。
「極楽だ~~っ!」
でも、これが最後。
もう2度と首まで風呂に浸かれない。
やるとすれば、溺死覚悟。
「そんな理不尽な事があるかっ!」
何か、作戦考えよう…。

いつも通り、フルコース。
サウナも2回、水風呂2回。
最後に露天風呂で、身体だけ温める。
「いやあ~っ!気持ちいいっ!」
極楽だ。
ホントに極楽だ。
あんまり、いつも極楽だって言い過ぎたか?
地獄が嫉妬したらしい。

・ディナー
予約19:30。
レストランは満席。
そっか。
春休みに入ってんだ。
しばし、お預け。
我々のコースは、メインディッシュ付きブッフェ。
基本は、ブッフェ。
んで、メインを1つ選ぶ。
いつも、肉と魚を1つずつ選ぶ。
我が家は、黙ってると魚しか喰わない。
偏食防止のルールだで。
「特に今回は、がっつり肉喰った方がいいよ。」
オペ対策かい。
f:id:maosuke1225:20160401200245j:plain
〈メインディッシュ〉
ま、とりあえずビール。
んで、次はボルドーの白ワイン。
名前も何もわからないけど、辛口でそこそこ美味しかった。
今月のオススメだった。
ま、ハウスワインみたいな…。
でも、十分。
「さすがに外さないね。ここんちゃ。」
早速、つまみを…。

ここんちブッフェは定評ある。
とにかく、味がいい。
意欲的なメニューも多い。
でも、好評な定番も欠かさない。
端から順番に、取ってく。
ホントのちょっとだけ。
それでも皿いっぱい。
めちゃメニューが豊富。
とっても全種類は、喰えにゃあ。
「でも、ひと通り喰いたいのが人情じゃ!」
f:id:maosuke1225:20160401200143j:plain
〈ブッフェ〉
定番メニューもしっかり。
特にサラダは外せない。
「こんなに材料豊富なサラダは、こういう機会っきゃ喰えにゃあで。」
今回、余禄が…。
レタスのボウルが、底を尽きそうだつた。
ま、残り物には福が…。
「あったっ!」
底に、マイクロトマトがどっさり。
「豪華マイクロトマトサラダっ!」

そして、もう1つの定番。
カレーライス。
これは、えりゃあ人気がある。
何度もお代わりしてるヒトもいる。
「子どもなんか、カレーとアイスしか興味無さそうじゃん。」
ひと口カレーも含めて、ひと通りクリア。
もう、無理っ!
十分、堪能したで。