読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ襲来

・【よし澤】
ちょうど、1ヶ月ぶり。
成績優秀だで。
「良く、予約とれたなー!」
嫁さんの手柄。
ピンポイントで、この日しか無理だった。
「ダメ元で、電話してみるよ。」
取れたっ!
たまたま、キャンセルが出たらしい。
何か持ってる…。

いつも通り、ワインリスト。
女将さんが、囁く。
ムルソー、入りましたよ…。」
悪魔の囁き…。
「飲まいでかっ!」
即決。
それこそ、しばらく飲めない。
まず、ひと口。
「あー、これだ。これだ。」
f:id:maosuke1225:20150813121735j:plain
ムルソー

まず、八寸。
ランチなので、前菜になってる。
旬の食材が並ぶ。
そして、季節の花が一輪。
いつもながら、美しい。
味も絶品。
その繊細さ。
少しも手間を惜しんでない。
丁寧さが伝わって来る。

「う~~ん。堪らんなー。」
隣近所からも、感嘆の声が挙がる。
嫁さんもカンゲキ。
ハイテンション。
隣近所と、すぐお友達になってる。
ありゃ、特技かも…。
隣は、八丁堀から来たそうな。
我々は湘南から。
「時々、芸術品に触れたくて来るんです。美術館巡りみたいな…。」
料理人殺し…。
f:id:maosuke1225:20160329121906j:plain
〈前菜〉

待望の椀もの。
「これが好物なんだよなーっ!」
ここんちの椀ものは、絶品だと思う。
これ以上の味は、経験がにゃあ。
そして、定番サワラの藁焼き。
あと、旬の焼きもの、煮物と続く。
思わず声が出ちゃう。
「あー、幸せだー…。」f:id:maosuke1225:20160329123309j:plain
〈椀もの〉

最後に、土鍋ごはん。
今日は、北海道のゆめぴりか。
いつもの4段階を味わう。
アルデンテ、炊き上がり、蒸し上がり、お焦げ。
意外に2番目が好評。
香の物と、赤だしも旨い。
結局、完食。
甘味は、定番葛餅と、甘酒シャーベット。
「美味しいっ!幸せだーっ!」
隣近所からも、賛同の声が…。
「健康で、美味しいものが食べられるって、ホントに幸せよねー。」
f:id:maosuke1225:20160329132230j:plain
〈ごはん〉

大将は、栃木出身。
京都で修行を積んだそうな。
今でも、時々京都に自主トレに行く。
修行は続く。
メニューは月替わり。
毎月、下旬は苦悩の期間。
翌月のメニューを考え、試食。
上旬は、試運転期間。
微修正を加え、完成度を高める。
ひと息つけるのは、中旬だけ。

今は苦悩の時期。
でも、今頂けるのはほぼ完成品。
「去年と同じメニューも使えば、少しは楽なんですけどね。」
やっぱ、立ち止まれないヒトらしい。
よっしゃ!
「必ず、又大将の新しいメニューを喰いに来るで!」