読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ襲来

・ラストラン
に、なるだろーなー。
しばらくは、走れにゃあ。
っと、思う。
そう思いたい。
きっと又、走れるようになる。
「ま、フルマラソンは無理としても…。」

スロージョギング、スタート。
いつものコース。
我が家を飛び出して、駅前通りを海へ。
海岸沿いのサイクリングロードを江ノ島方面へ。
途中、信号機が1ヶ所だけ。
あとは、ほとんどノンストップ。
快適なランニングコース。
道中、ずっと潮風に当たれる。
「あー、やっぱ気持ちいいなー。」

茅ヶ崎ビーチで折り返す。
これで約10km。
今日はこれくらいにすべ。
走り込む時は、もっと先まで行く。
江ノ島手前まで行けば、ほぼハーフ。
「何度も行ったっけなー。」
景色もご馳走。
往路は、相模湾烏帽子岩江ノ島…。
復路は、伊豆半島、富士山が大山…。
「あー、幸せだー!」

f:id:maosuke1225:20160425110049j:plain
相模湾

・社会復帰
思えば、最初は歩いた。
無理やり、嫁さんに焚き付けられた。
どんどんシューズを買いに行く。
ウェアもネットで取り寄せる。
「さぁ、行くわよ!」
追い立てられる。
元来、走るのは苦手。
っと思ってた。
最初の頃は、ホントにしぶしぶ。

嫁さんは、粘り強かった。
「最初は早歩きでいいのよ。私もそー教わったの。」
雑談しながら、早歩き。
その延長線で、スロージョギング。
雑談しながら…。
決して息が切れないように…。
不思議な事に、これが慣れる。
そして、変な欲が…。
「もうちょっと早く走れるかも…。」
「ひょっとしたら、フル走れるかも…。」
見事に、ハマった。

今思うと、嫁さんに感謝。
走る喜びを教えてくれた。
更に、今希望の星になってる。
何とか、もう一度走りたい。
スロージョギングでいい。
原点が、息が切れないように走る!
「病み上がりに、もってこいじゃん!」
ま、いろいろ工夫は要るべ。
でも、社会復帰の最短距離じゃないべか?