読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌スケ疑惑

・【箱根甲子園】
昨晩は、お泊まりだった。
「温泉は、いいやねー。」
毎月、一度は来たいね。
今回は、メシ抜き・素泊まり。
時間の有効活用。
昨日は、H塚事業所で仕事だった。
「このチャンスを逃してなるものか!」
早速、予約。
仕事を終えてから、出掛けた。

到着後、ゆったり温泉。
ほとんど貸し切り。
皆さん、晩メシの時間だもん。
「至福のひと時だで。」
身体温めて、サウナ2回入って…。
水風呂に入って、最後に露天風呂。
いつものフルコース。
唯一違うのは、ノドの骨。
胃の中に鉛が入ってるような気分。

がっつり温泉に浸かったら、部屋食。
美味しいシャンパンと、オードブル。
仕入れ先は、三越紀伊國屋、RF-1…。
高級品ばっかし。
でも、全部持ち込み。
「店に較べたら、安いもんだで。」
贅沢なディナー。
又々、至福のひと時。
「そのはずなんだけどなー…。」
胃の中に鉛が…。
嫁さんまで引きずり込んじまった。
「申し訳にゃあなー。」

・庄助さん
寝たいだけ寝よう…。
酔っ払ったし、熟睡出来るべ。
甘かった。
何度も目が覚める。
「何の!まだまだっ!」
頑張って寝る。
ますます目が冴えてくる。
「ダメだ、こりゃっ!」
嫁さんも、もぞもぞしてる。
「朝イチの温泉でも行こうかね?」

朝風呂もいい。
露天風呂なんか、最高だった。
幸せだー。
これが、ず~~っと続けばいいのに…。
風呂上がりのビール。
「これぞ、庄助さんだで。」
それから、簡単な朝メシ。
いつもの朝メシ。
全部持ち込みでOK。

ゆったりと、テレビなんぞ観る。
旅サラダ」、「食彩の王国…。」
外せない番組になってる。
「こんなにゆっくりしたのは、久しぶりだなー…。」
しぶとく、もう一度温泉へ。
11:00ギリギリでチェックアウト。
のんびりと箱根湯本に向かう。
「堪能したなー。」

f:id:maosuke1225:20160428105815j:plain
〈はつ花〉
・【はつ花】
有名な蕎麦屋
かなり昔から知ってた。
でも、一度も行ったことがなかった。
有名だけどねー。
観光地だからねー。
H塚から、わざわざ行くのもねー。
ってな感じ。
「今日は、千載一遇じゃん。」

11:30到着。
駐車場は、ラスト1台。
テーブルは、相席。
それもラストだった。
我々の後は、待ち。
たちまち行列が出来た。
「すげえ混みようだなー…。」
とりあえず、オーダー。
温・冷、1つずつ。
いつものパターンだで。
f:id:maosuke1225:20160428105903j:plain
f:id:maosuke1225:20160428105923j:plain
感想としては…。
雰囲気は、満点。
さくらの時季なんか、いいだろうなー。
蕎麦は、細過ぎじゃない?
せっかくの蕎麦の香りがイマイチ。
ま、好みかも知れないけど…。
つゆは、無難。
特に個性は感じないけど、悪くない。
トータル的には、☆2つかなー。