読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【伊豆栄 梅川亭】のこと

・肉筆浮世絵
久々の上野。
目的地は【上野の森美術館】。
肉筆浮世絵展を観に行った。
浮世絵版画とは違う。
全部一点モノ。
これが、約130点展示された。
これらは、米国シカゴから海を越えて来た。
個人の所蔵品だそうな。
「ロジャー・ウェストン」氏。
日本美術収集家。
千点以上のコレクションがある。
「所蔵庫の修繕でもするのかな…?」
f:id:maosuke1225:20160617073634j:plain
〈上野の森〉
なかなかだった。
見応え十分。
歌麿、豊国、北斎…。
我々でも知ってる浮世絵師の作品が並ぶ。
「こりゃあ、豪華だで…。」
版画もすごいけど、一点モノはすごい。
美人画の、髪の生え際の描き込み。
豪華な衣装の文様の描き込み。
「人間技と思えない精緻さだで…。」
圧倒的な質感、存在感。
魂が、乗り移ってんじゃないか?
「人気の若沖にも、優るとも劣らないで。」
f:id:maosuke1225:20160617073729j:plain
〈精養軒〉
・うなぎ
せっかく上野まで来た。
「どっか下町っぽいとこ、にゃあかな?」
蕎麦、天ぷら、うなぎ…。
そー言えば、うなぎの老舗があった。
「飛び込みだけん、行ってみべえ!」
【伊豆栄 梅川亭】。
名前は以前から知ってた。
でも、ロケーション的に縁が無かった。
中央区に、老舗はこらしょとある。
「わざわざ中央区から来にゃあよなー。」
f:id:maosuke1225:20160617073832j:plain
〈梅川亭〉
上野の山を、夜歩くのも初めて。
あんまし人通りは多くない。
店、到着。
「なかなか雰囲気あるなー…。」
禁煙席を所望。
玄関脇の隔離された一画に案内された。
先客一組。
「あとは、全部タバコOKって事か!」
メニューを眺める。
いろんなもんがある。
「せっかくだに、いろいろ喰うべーじゃ!」
まず、白ワイン。
つまみを幾つかオーダー。
いろいろ喰える、なんちゃら御膳。
そして、後でうなぎ。
「完璧だで!」
f:id:maosuke1225:20160617073921j:plain
〈梅川亭〉
完全に腰を据えてる。
ワインボトルを脇に、下町の味を堪能。
「まずまず美味しいじゃ!」
玄関脇なので、客の出入りが良くわかる。
さっきから気になってた。
一般客はほとんど見えない。
時々、黒塗りが横付け。
黒服がささっと降りて来る。
取り囲まれるように、ヌシが入って来る。
「どー見ても、カタギにゃ見えにゃあで…。」
そーゆースジが贔屓らしい。
確かにロケーション的にはいいかも…。
ま、☆は2つかな…。