読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ジャックポット・丸の内】のこと

・シーズン
ま、一年中やってはいる。
でも、そろそろ盛り上がって来る。
「やっぱ、冬だしょっ!」
オイスターシーズン到来。
さすがに東京はすごい。
オイスターバーも、こらしょとある。
玉石混淆。
在京の間に、ピンからキリまで行った。
中でもここはお気に入り。
「予約が取れたに、店で待ち合わせるべ!」

ジャックポット】は、何軒もある。
でも、全面禁煙はここだけ。
「貴重な店だで…。」
何せ、狭い。
スタッフが移動するのも大変。
そこに20人くらい詰め込み。
分煙なんて、やりようがない。
でも、いつも満席。
予約取るのもラクじゃない。
肩寄せ合って飲み食い。
「それも何となく楽しいで。」

埼玉事業所から駆けつけた。
ところが、JR得意技。
「人身事故のため遅延」
あ~あっ!
嫁さんにメール。
「先に練習してて下さいな…。」
どーでもいいけど、すごい頻度だで!
最近のJRのトラブル。
雨でも、風でもすぐ止める。
安全確認って、すぐ止める。
事故は別としても、無能じゃね?
f:id:maosuke1225:20160616060932j:plain
〈生ガキ〉
・弁護士
小一時間遅れて到着。
嫁さんの練習も大分進んでた。
「駆けつけ3杯で、遅れを取り戻すで!」
別に宴会じゃないんだから…。
久し振りの生ガキ。
「やっぱ、美味いなーっ!」
蒸しガキも美味い。
フライも美味い。
「贅沢な牡蠣ざんまいだで!」

隣の席に4人連れがいた。
男女2人ずつ。
「合コンってヤツかな…?」
何せ、近い!
その内、一緒に話し出した。
っつか、その前から嫁さんは話してた。
「恐るべし、おばちゃんパワー!」
4人連れは、職場仲間だった。
弁護士事務所。
男性2人は弁護士。
女性2人は事務職って事だった。
仕切ってるのは、一番貫禄のある女性。
「職場の様子が目に浮かぶなー…。」

「面白かったーっ!」
意気投合しちゃった。
話が、めちゃ盛り上がる。
4人4様のキャラ。
特に先生2人はイケてた。
「こんな弁護士さんなら、お付き合いしたいで。」
名刺ももらってきた。
「じゃ、ハナグスリに…。」
じじーは、ワインを振る舞ってくれた。
この店ならではかも…。
☆も、2つ半はイケる。
「やっぱ、東京恐るべし!」