読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【レストラン こがね】のこと

・ノスタルジー
 【本能寺】と【開田院】の墓参りが済んだ。
「さあて、晩メシに行くかね。」
どこへ行こう?
生憎、今日は沼津の花火大会。
弥次喜多】は止めた方がいいなー。
「っつか、沼津の市街地は避けた方がいいで。」
もっともだ。
じゃ、どこへ?
東名高速方面に行ってみるか?」
今はすっかり空いてる。
かつては大変な賑わいだった。
栄枯盛衰‥‥。

 確かに様変わりしてた。
巨大なレストランも、ドライブインも軒並み閉店。
残ってるのは、小規模店。
コンビニ、ファミレス、個人商店。
「やっぱ、特徴のある店は残ってんなー。」
おーっ!
「何だ!【こがね】って、やってんじゃ!」
懐かしい。
当時はブライダルホールだった。
我が家の結婚式・披露宴はここでやった。
「もう、とっくに無くなってると思ってたで。」
早速、行ってみた。

・ジャンボ海老フライ
 今はレストランだけ。
懐かしの海老フライも健在だった。
当時、ここがジャンボの走りだった。
「でかくても、ちゃんと美味しい!」
と評判だった。
披露宴も、料理は良かったと言われた。
てんでにフライ物定食をオーダー。
じーじはどうしてもうな重がいいと言う。
「ま、頼めばいいじゃん。」

 ヒレカツや、海老フライは2千数百円。
うな重は、4千円近い。
「ご時世だなー。こんな店でも‥‥。」
でも、フライは美味かった。
味は当時のまま。
デカ海老も、ちゃんと締まってた。
ふと気づくと、じーじがうな重にソースかけてる。
「おーいっ!何やってっだーねっ!」
ちょっとタレが足りないと言う。
「タレ貰おうとおもったけん、面倒だから‥‥。」
だからって‥‥!

 確かにヒトがいない。
客は我々と、あと2組くらい。
広い店内には寂しい。
それに合わせてか、スタッフも少ない。
フロアには見当たらない。
呼び鈴が必須。
「やっぱ、この界隈は厳しいべなー。」
でも、味は悪くない。
場所さえ恵まれたら、まだまだ流行ると思う。
☆も2つはイケる。

後日、HPを見たら、あの翌日で閉店してた。
市街地の本店でお待ちしてますと‥‥。