読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【花燃ゆ展】のこと

・朝メシ
 古奈温泉郷の朝。
静かな山あいに、鳥の声だけが響く。
「贅沢な時間だで‥‥。」
早速、ひとっ風呂。
いいお湯だー。
夕べも、今朝もほぼ貸し切り。
「部屋から遠くて、面倒なのかなー?」
それか、部屋風呂にしてるか‥‥。
まさか、風呂嫌い‥‥?

 朝メシも、大広間に。
「ブッフェじゃなくて、良かった。」
つか、この人数でブッフェは無理だべなー。
その方が嬉しい。
この歳になると、ブッフェは苦痛。
結局、苦しい思いをする。
嫁さんは言う。
「何も、そんなに喰わなきゃいいじゃん!」
そこが素人の赤坂見附っ!
「根っからの食いしん坊なんだから、無理に決まってんじゃ!」

 豪華な朝メシだった。
一つ一つ、とっても美味しかった。
大満足。
十分鋭気を養えた。
又、次の温泉まで頑張れる。
チェックアウトに行くと、帳場に先客。
ん?
チャラい格好の女3人連れ。
「○×□×◇△∀∋▽シナポコペン!」
げっ!
「こんなとこまで、蔓延ってんのかーっ!」

・【江戸東京博物館
 湘南に帰宅。
昼メシを喰ってから、更に押上に帰宅。
次の臨戦態勢に備える。
なんだけど‥‥。
今日は、ちょっと寄り道。
両国で途中下車。
「花燃ゆ展」を観に行った。
あのエネーチケーの大河ドラマ
「花燃ゆ」に因んだ展示会。

 結構、評判がいいらしい。
何せヒロインが抜群に上手い。
最初に見た時から特別だった。
「すげーな、こいつ‥‥。」
みたいな‥‥。
時代背景も面白い。
幕末の異様な熱気。
明日の日本の為に命を賭ける。
その頃の熱気が伝わって来るような展示だった。
「ちょうど、シバリョウも読んでたし‥‥。」

 たまたま、チケットが手に入った。
「行ったるベーじゃ!」
でも、嫁さんは却下。
ナナミおばさんとか、シバリョウは興味ない。
あ、そ。
「どーしても、文章が許せないのよねー。」
文学部は、ちょっと切り口が違う。
ま、わからくもない。
決して美しい文章じゃない。
でもなー。
「それ、差っ引いても面白いと思うけどなー。」