読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ゆう庵】のこと

・慰労会
 唐突に慰労会する事になった。
役員慰労会。
今回もボスの発案。
「一年間、お疲れさまでした。」
ちゃんちゃん!
役員就任の時に一杯!
そして、退任の時にお疲れさまの一杯。
役員報酬はこれだけ。
「ま、子会社の役員なんてそんなもんよ‥‥。」

 ボスの気配り。
「何か、喰いたいものある?」
退任役員は一応遠慮する。
「いやあ、お気持ちだけで十分ですよ。」
ま、そー言うわな。
ボスが見つけて来たのは蕎麦屋
【ゆう庵】。
蕎麦屋っとは言っても、いろんな料理が出る。
鱧が得意らしい。

・ラーメン
 とりあえずコースが予約されてた。
「簡単なコースだから、後は好きなものを追加しましょう。」
まず、鱧の湯引きが出た。
鱧のざくも出た。
「これがかの有名な鱧か‥‥。」
季節限定らしい。
今なら鱧しゃぶもあるそうな。
蕎麦屋で、鱧って珍しいよなー。」
でも、東京の衆には馴染みがない。
軽くスルー。

 メニューは豊富だった。
蕎麦屋の定番に留まらない。
刺身やサラダもイケる。
焼き魚やら、大山地鶏なんかもある。
しかも、リーズナブル。
「こりゃ、アフターファイブにいいかも。」
天麩羅もボリューミー。
締めのザルソバを喰ったら、腹一杯。
「いやあ、大満足だで。☆2つ半。」

 翌日、ボスがひと言。
「昨日の店、喰い足りなかったってボヤかれちゃいましたよ。」
え~~っ!
「あの後、腹が減ってラーメン喰って帰ったそうです。」
どーゆー腹してんだべ?