読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらの誕生日のこと

・前祝い
そらの誕生日。
ホントは、昨日だった。
しゃあんめ。
単身赴任の身じゃ、如何ともし難い。
最短で今日だで…。
「まずは、前祝いだで。

嫁さんと築地で待ち合わせ。
目指すは、すしざんまい【奥の院】。
いつも通りカウンターへ。

 もう、さすがに顔が売れてる。
「まいどっ!」
ま、有り難いこって。
「よーこそ、よーこそ、具志堅よーこそっ!」
シバタ~~っ!
相変わらずのノリだで。
早速、ビールとホタルイカ沖漬け。
あと、焼き物を1つ。
そして、白ワイン。
握りは、光り物オンパレード。
プラス、今日のオススメ。
「ワンパターンだけど、一番満足出来るで。」
文句なし、☆3つ!

・本祝い
 今日は、あんましゆっくり出来ない。
奥の院】は練習。
本番は、我が家で待ってる。
帰宅すると、そらは狂喜乱舞。
「てめ、てめ!さんざ待たせやがって!」
がぶがぶ、手を噛んでる。
いまだに甘噛みかい?
おっさんなのに‥‥。
早速、お祝いの準備。
看板を作る。
ケーキにキャンドルを立てる。

 早いよなー。
もう8才になっちゃった。
ニンゲンで言うと、ちょうど50歳。
「立派なおっさんだで。」
でも、見たくれはずーっと3歳。
散歩してても、誰もが言う。
「あらー、可愛いわねー。まだ仔犬ですか?」
8才って答えると、ひっくり返る。
見えないわなー。
いいっ。
「そのまま、長生きしろよーっ!」