読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【パパミラノ】のこと

プレモル
 わかっちゃいた。
でも、1度は行ってみるべ。
「ワインなら大丈夫じゃね?」
ビールは不味い!
どーしても口に合わない。
美味しいって衆もいる。
「どーしても、理解出来にゃあ!」
ラガー好きとか、黒生好きは理解出来る。
エビスも、オリオンも、わかる。
もっと言えば、モルツは理解出来る。
プレモルだけは、わかんにゃあ!」

 でも、プレモルの店に行った。
何故か?
ポイントが貯まってた。
そのまま捨てるのも忍びない。
もう1つの理由。
数少ない完全禁煙の店だから。
「何とか上手く利用出来るかね‥‥。」
でも、優先順位は低い。
今日まで来る機会がなかった。
「そりゃ、他にいい店がいっぱいあるもん。」

・アンティパスト
 とりあえずイタメシ屋。
値段はリーズナブル。
ビジネス帰りの客が飛び込みで行ける。
カジュアルをウリにしてる。
あっという間に満席。
「商売繁盛で結構なこって。」
とりあえず、オススメのワインを頼んだ。
値段は中とこ。
あと、アンティパストを少々。
まずは、乾杯。
「ん‥‥?」

 「何だ、これ?」
水みたいな白ワインだった。
「今どき、不味いワインなんてあるんだ!」
ま、滅多にお目にかかれない。
びっくりした。
とっとと、ワインクーラーに空けた。
別なワインを注文。
これも大したモンじゃなかった。
料理は画一的。
アンティパストっつっても、素材のまんま。
オリーブ、トマト、チーズ、生ハム‥‥。
「不味くしようがにゃあじゃ!」

 ホスピタリティも三流。
全然、客を見てない。
「何か注文するにも、容易じゃにゃあで。」
カジュアルだから‥‥?
「トンでもにゃあっ!パットーラを見習えっ!」
やっとこさ、食事を注文。
ウリの生パスタ。
「まじー‥‥。」
久々の大失敗だった。
☆0.5がせいぜいだで。
ま、今生の別れだと思うけど‥‥。