読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだまだ・家探しのこと

  • 職替え

 雲行きが怪しい。
勤め先もも変わりそうな気配。
別な子会社・・・?
違あらしい。
でんでん別の会社だとか・・・。

「あとちぃっとで『アガリ』だっつー時に、何だっつーだねっ!」

面倒臭しゃあじゃんか・・・。
ふつー。
又、入社手続きかね・・・。
手間ばっかかかって生産性がにゃあ。
 会社だって迷惑だらねー。
いろいろ手間がかかる。
シャラ面倒臭しゃあっ!
更に、単身用社宅まで用意しなきゃなんにゃあ。
こんなじじーに・・・。
総務担当の憂鬱が目に浮かぶ。

「何で、今さらこんな年寄りの為に社宅なんか用意しなきゃならんのか!」

しょんにゃあら・・・。

「そーいたこんは、上に言っちくいよっ!」

 会社にゃ規則がある。
ふつー、60歳で定年。
でも希望すりゃあ65歳までは働ける。
法律が厳しくなった。
これも迷惑なこんだべなー・・・。
但し、ふつーは社宅はにゃあ。
それが規則。

「そんな短期間の為に、わざわざ社宅を用意すんだかねー・・・」

気持ちはわかる。
同情もするべーじゃ。

「やっぱ、どー考ぎゃあてもあんまし喜ばしいこんじゃにゃあなー・・・」

  • 「塞翁が馬」

 って思いてゃあ。
きっとそうだで。
又、職が替わる・・・。
前回の職替えから、ちょうど3年。
あと、1年半で「アガリ」だったのに・・・。
縁側で「そら」抱っこの世界だったのに・・・。

「そもそも、縁側がにゃあじゃっ!『そら』もネコじゃにゃあし・・・」

ま、しょんにゃあ。
自分で決められるこんじゃにゃあ。
割り切るっきゃにゃあ。
又、新入社員か・・・。
 もちろん、いいこんもある。
全てがリセット出来る。
今のつまんにゃあこんから全て離れられる。
非生産的なこんもサイナラ。

「そーいた意味じゃ、せいせいする。気分爽快だで!」

くだらにゃあ衆らの顔を見なくて済む。
リスクも無くなる。
へ?
何のリスクか?
決まってるで。
傷害事件発生のリスク!

「このまま放っとくと、そのいとぶん殴りかねにゃあかんなー・・・」

 いいこんだ。
いいトシしてケーサツ沙汰もにゃあモンだで。
スッキリ・サッパリ・・・。
でも、さすがに収入は激減。
ざっと計算しても3分の2。
そりゃあ、そーだんべ。
新入社員だで!
でも、どうせ増税になる。
たんともらっても、同じこんだで・・・。

「いいような、悪いような・・・。でも、『塞翁が馬』っ!」