読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ・家探しのこと

  • 単身赴任

 雲行きが怪しい。
勤務地が変わりそうな気配。
都内・・・?
違あらしい。
埼玉事業所だとか・・・。

「こいから湘南に帰ろうっつー時に、何だっつーだねっ!」

通えにゃあら・・・。
ふつー。
単身赴任か・・・。
 さあ〜て・・・。
単身赴任なんてしたこんがにゃあ。

「そや、どーいたにすっだーね?」

考ぎゃーたこんもにゃあっ!
このトシんなって・・・。
今さら、カマドを分けるなんて・・・。
家電も2重に持つだかね・・・。

「ひゃあ、考ぎゃーるだけで、アホらしくなんなっ!」

 NETで調べた。
単身マンションとか・・・。

「いってゃあ、幾らっくりゃあすんだか・・・?やっぱ10万円っくりゃあすんんだかね・・・?」

いろんなパターンがあった。
単身赴任用は狙い目ビジネスらしい。
ウィークリーマンションもある。
マンスリーマンションもある。
家電・家具付き。
水光熱費込みってのもあった。

「なあ〜んだ。こいだら1日前でもでゃあじょうぶじゃんか・・・」

  • 「断舎利」

 何度かやって来た。
引越しの度に大量のモノを処分。
ずいぶんスッキリした。
タンスは全廃。
ドレッサーも処分。
客布団も何もにゃあ。

「そいでもまだこんなにあんだで・・・」

 又、「断舎利」の好機ではある。
もうハード系の処分は厳しい。
シロモノ家電は必需品。
OA・AV系も現代じゃ外せにゃあ。
他にもコダワリの品がある。

「やれ、プラズマクラスターのヘチマの・・・。サイクロンが何ちゃら・・・」

着々とモノが増える・・・。
もう一度、根本的に見直さにゃあと・・・。
 好機ではある。
ソフト系はかなり処分出来る。

「もう先が見えてるこんだし、ビジネス関係や、書籍類もウルトラ処分だなっ!」

何にも要んにゃあっ!
想い出は全部記憶の中。
趣味も身体1つで出来るモンがいい。

「所詮、ニンゲン身体1つ。起きて半畳、寝て一畳・・・」

究極、ここを目指す・・・。