読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・【東京スカイツリー】のこと

  • 天候

 時のウン・・・。
それもなあ・・・。

「何か、確実な方法はにゃあだかね・・・?」

っと姉ちゃんに訊いてみた。
あるという。

「NET予約を頂くと、待たずに登る事が出来ます。カード決済で、500円高くなりますが・・・」

・・・なるほど。
とことん、カネ取ろうって魂胆かね・・・。
 こにゃあだもあった。
ちぃっと風が強ええとダメ。
エレベーターが止まっちまったじゃんか!
東京スカイツリー】は風に弱ゃあ。

ひゃあ、そーいた時ゃあどーすっだーね?払い戻しとかするだかね?」

そりゃあ、あるかも・・・。
でも、クモまみれん時もある。
景色は全面クモ。

「そりゃあ、ぜってゃあ払い戻しなんかしにゃあね!」

天候次第か・・・。
 混雑も、天候も時のウン。
んじゃ、成り行きっきゃにゃあじゃ・・・。
そもそも、カード決済とかする気ゃあにゃあし。

「そんな危にゃあこん、出来るもんかっ!しかも料金上乗せっ!」

ってんで、成り行き。
一応、状況は前もって話しておいた。
ちぃっと行列で待つ。
天候次第でダメなこんもある。
混雑も、天候も時のウン。

「ま、ダメだったら、もう1度来りゃあいいだに・・・」

  • 仕組み

 いざ、当日。
信じらんにゃくりゃあのピーカンだった。
陽がまぶしい。
風もてゃあしたこんはにゃあ。

「行いがいいだかね!後ぁ、混み方だけだあね・・・」

4階到着。
お!
結構、空いてんじゃにゃあか?
兄ちゃんががなってる。

「こちらがチケット購入の最後尾ですぅ〜!ただ今、65分待ちとなっておりますぅ〜!」

 並ぶっきゃにゃあ。
行列開始。

「ひゃあ、どうせヒマだに、並んでる間にショップでも観て来りゃあいいじゃ・・・」

ところが、雰囲気が怪しい。
購入者全員が並べとか書いてある。
しかも行列はみっちり。
つづら折になってる。
行列からとっても離れ難きぃ・・・。

「何だね!この仕組みは・・・。トイレも行けにゃあじゃんかっ!」

 何より、年寄りにゃきつい。
じじ・ばばも辛そう。

「ただ立って待ってるってのは疲れるねぇ・・・。歩いてる方がラクだわねぇ・・・」

そりゃ、そーだっ!
っとは思うけんど、身動き出来にゃあ。

「こりゃあ、仕組みが悪りぃっ!濃厚な行列で、外に出るこんも出来にゃあでっ!」

やっとすき間が見えた。
スタッフの姉ちゃんに言ってみた。

「年寄りにゃ酷なんだけど、何が何でも並んでなきゃダメだっつーだかねっ?」

姉ちゃん、ちぃっと焦った。

「いえ、購入の順番が来たらお呼びしますので、どうぞあちらで休んで下さい」

ソファーんとこに連れてってくれた。
最初っから、そーいた仕組みにすっだあよっ!